2019/02/18[mon] update

北海道科学大学 薬草研究部

北海道科学大学 薬草研究部

知れば知るほど面白い「薬草」の世界!

科学大の薬草研究部には薬学部生のほとんどが所属し、在籍部員は150人以上です。薬学部は実習などで忙しいため、他学部生と同じように部活やサークルに参加するのは大変なのですが、この部の活動は基本的に自由参加となっていて、さらに試験の過去問を共有できたりするメリットもあるので、ほとんどの薬学部生が入部してくれるんです。
「薬草」と言うとちょっと特別な雰囲気がありますが、私たちの生活にも身近なハーブやスパイス、漢方薬なども薬草の仲間。部員の中には在籍するだけでなく、実際に薬草について研究してみたいという人も多いので、大学や先生達の協力も得ながらさまざまな活動を行っています。
例えば銭函にある薬草園で観察会を行ったり、ハーブとスパイスを混ぜ合わせてオリジナルのカレー粉を作ってみたり、自分たちがブレンドしたハーブティーを味わってみたり…。それぞれが興味のある分野について、皆で意見を出しながら部としてどんな活動をするかを決めているんです。ちなみに昨年の大学祭では、ハーブを精油に入れた「ハーバリウム」というインテリアやハーブを使ったハンドクリームを作って販売したところ、お客さんに大好評!ほとんどの商品が売り切れるといううれしい体験をすることができました。
薬草研究部には観察会に行ったり実験をした後は「1行でも良いから必ずレポートを書く」というルールがあります。せっかく薬草について研究をしているので、「楽しい」だけで終わらせずに、勉強にも役立てられたらと思っているんです。
薬学部はもともと北海道薬科大学にあり、昨年科学大に統合されました。統合されたことで薬学部以外の学生も参加してくれるようになり、いろいろな視点を持った学生と交流できるのも面白さとなっています。

DATA

北海道科学大学 薬草研究部
部員
150人以上
活動
月に1回程度(不定期)