2018/02/12[mon] update

酪農学園大学 ecoArk

酪農学園大学 ecoArk

円山動物園を舞台に、動物や自然の成り立ちを子どもたちに伝えています

ecoArk(エコアーク)は、酪農学園大学に通う学生10名からなるボランティア団体。円山動物園に来園した子どもたちに向けて、「環境教育」を行っています。環境教育をひと言で説明するのは難しいのですが、人間と地球のかかわりについて理解を深めてもらうこと、動物の生態や自然について学んでもらうといったところです。
円山動物園での活動は毎月行っていて、今月はどの動物について説明をするか、どんな手法やゲームを使えば分かりやすいかなどを考えて当日を迎えます。相手はたまたま動物園に遊びに来た幼稚園児や小学生なので、1回25分前後にまとめ、飽きさせない工夫も大切。クイズを出したり、スタンプラリーをしたりして少しでも環境について理解を深めてもらおうと努めています。また、あくまでも“教育”なので、ただの楽しい遊びやイベントになってしまわないようにも気を付けています。
子どもたちに正確な知識を伝えることも大切です。動物の中にはまだ分からない部分も多いので、分かっていないことは分かっていないとそのまま伝えるようにしています。時には子どもたちから予期せぬ質問が出て、焦ってしまうこともあるのですが(笑)、子どもたちの笑顔や「楽しかった」という声をもらえると本当にやって良かったなと思います。親御さんたちの中には「またやってほしい」と言ってくださる方もいて、モチベーションに繋がっています。ちょうど代替わりしたところなので、今後は私たちの代でもっと盛り上げられるよう頑張りたいです!

DATA

酪農学園大学 ecoArk
メンバー
10人
活動
毎週月曜日、イベント実施日