2019/01/24[thu] update

MOVIEコラム 学生生活が過ぎる前に、私は映画館に行く scene24

映画大好き!な現役高校生がみんなに見て欲しい2作品をご紹介。プレゼントもお見逃し無く!

●コラム担当学生スタッフ
北海道科学大学高校
本間架音さん

北海道の美しさがギュッと詰まっています
『そらのレストラン』

「いただきます!」
北海道の明るく暖かな太陽が差し込む食卓にはしぼりたての牛乳、オーガニックなトマトをのせた熱々のチーズトースト、フレッシュな菜の花サラダ─。北海道、せたな町でチーズ工房を営む亘理(大泉洋)、妻のこと絵(本上まなみ)、一人娘の潮莉(庄野凛)は3人穏やかに生活していた。

亘理のまわりには石村(マキタスポーツ)、富永(高橋努)、野添(石崎ひゅーい)、神戸(岡田将生)が集う。北海道の産物をこよなく愛し、そして互いが互いを支え合い本音でぶつかりあえるかけがえのない仲間たち。ある日、マルシェにやって来たシェフ・朝田(眞島秀和)によって亘理は自分が手塩にかけた産物のポテンシャルに気付き、せたなの「おいしいもの」をもっと多くの人たちに届けるため、一日限定のレストランを開くというアイデアを思い付く。

自分の夢を追うため、師匠である大谷(小日向文世)に追いつこうとするが、なかなか追いつかない。ある日、いつも通りに大谷の工房へ試作品を持ち込んだ亘理だったが、「お前はもうここに来るな」と言い残し、大谷は突然倒れてしまい...。

私たちが毎日口にする食材には、ひとつひとつに愛があり、物語がきっとあるはず。普段意識はしていないけれど、私たちは毎日たっぷりの愛情がそそがれた食べ物を美味しくいただいている。そんな物語のほんの一つが本作では描かれている。映画を観れば、スーパーに置いてある食材ひとつひとつの物語を想像してしまうようになるかもしれません。

北海道の広大な緑と穏やかで優しい人間関係の描写がとても柔らかく、なぜか安心してしまう。冷たく心地よい風が吹き抜けるせたな町にきっと行ってみたくなる作品です。

『そらのレストラン』

公開劇場:札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他
公開日:2019年1月25日(金)〜
監督:深川栄洋『神様のカルテ』
出演:大泉洋『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』、本上まなみ『バンクーバーの朝日』、岡田将生『銀魂2 掟は破るためにこそある』 他
(c)2018『そらのレストラン』製作委員会
公式URL:https://sorares-movie.jp

『そらのレストラン』非売品プレスシートを抽選で3名様にプレゼント!

上記プレゼントの応募は締切ました

『半沢直樹』『下町ロケット』の池井戸潤の小説が映画化
『七つの会議』

中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の八角民夫(野村萬斎)は、いわゆる「ぐうたら社員」。トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸(片岡愛之助)からは、そのなまけぶりを叱責され、営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新課長として一課に着任するが…。誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

『七つの会議』

公開劇場:札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他
公開日:2019年2月1日(金)〜
監督:福澤克雄『祈りの幕が降りるとき』
出演:野村萬斎『シン・ゴジラ』、香川照之『クリーピー 偽りの隣人』、及川光博『君は月夜に光り輝く』 他
(c) 2019映画「七つの会議」製作委員会
公式URL:http://nanakai-movie.jp

『七つの会議』非売品オリジナル七つの機能バインダーを抽選で3名様にプレゼント!

上記プレゼントの応募は締切ました