2018/11/12[mon] update

札幌学院大学 ボクシング部

札幌学院大学 ボクシング部

「札幌学院大学といえばボクシング部」と言われたい!

札幌学院大学のボクシング部は設立5年目。女子選手を含む9人で活動しています。高校時代からボクシングで活躍し、推薦で入学した実力派の選手がいる一方、僕(キャプテン:吉田さん)のように大学から始めた選手もいます。ちなみに僕は、大学入学当初、先輩たちの練習している様子を見てカッコ良い!と思い、あこがれの気持ちから入部しました。
大学には専用の練習施設がなく、また、それぞれ在籍しているボクシングジムがあったりするので、基本的には個人練習が中心です。ただ、毎週土曜日には大学と提携しているジムに全選手が集まり、大学のOBでもある監督の指導を受けながらみんなでレベルアップを目指しています。
ボクシングの魅力は平等であること。ほかのスポーツだと、身長など体格差の影響が大きいですが、ボクシングなら体重別の階級制になっているので、小柄な選手でも努力次第で結果を出せます。だから女子でも活躍できます。「拳」だけで戦うシンプルな競技ならではの奥深さも魅力です。
また、ボクシングは実は幅広い世代の人に楽しまれているスポーツで、ジムでは小学生から年配の方までが一緒に汗を流しています。ボクシングを通じて、社会人の方々と交流する機会が得られるのも面白さですね。まだまだ、人数の少ない部活ですが、今後は新しいメンバーも増やして、「札幌学院大学といえばボクシング部」と言われるくらい存在感を示せたらと思っています。
(取材・撮影協力/ K&Kボクシングジム)

DATA

札幌学院大学 ボクシング部
メンバー
9名
全体練習
土曜日
活動場所
K&Kボクシングジム