2017/11/20[mon] update

札幌大谷大学 有志団体まちけん

札幌大谷大学 有志団体まちけん

地域や企業とコラボして、街の魅力を発信!

まちけんでは、社会学部の学生が中心となって、地域の活性化を目指した活動を行っています。大学に社会学部が誕生して7年目になるのですが、1期生の先輩方が“何か伝統になるものを残したい”と、大学近くの「ショッピングセンター光星(現在のセレスタ札幌)」で、地域の皆さんに参加してもらえるイベントの企画などを始めたのが設立のきっかけ。今は活動の幅を広げて企業とのコラボレーションも積極的に行い、最近では、豊平商店街で作っているフリーペーパーや北海道アルバイト情報社が発行している「歩らいぶ(ほらいぶ)」という冊子で、街の魅力を発信する企画に参加させてもらいました。実際に街を散策したり、お店の方にお話を聞いたりするのは大変でしたが、私たちが感じた魅力を形にすることができ、とってもやりがいがありました。
地図と連動して周遊ルートが作成できるスマホアプリを使った「FUAN(ふあん)」という自主企画のワークショップも、私たちの新しい取り組みです。今年は3度開催し、そのうちの1回はオープンキャンパスのプログラムとして実施。メンバーがガイドになって、高校生に学区内を紹介しました。高校生と会話を合わせるのに苦労はしましたが(笑)、まちけんとしては団体のレベルアップを実感。現在は顧問の先生の繋がりに頼っているところが大きいのですが、今後は積極的な自主企画や自分たち発信で地域に関わる何かを形にできたら良いなと思って頑張っています。まちけんの活動に興味を持ってくださった地域団体や企業の方がいらっしゃったら、ぜひフェイスブックからご連絡いただけたらうれしいです。

DATA

札幌大谷大学 有志団体まちけん
メンバー
11名