2017/10/31[tue] update

北海学園大学 マチブラ部コラム その十四、奈井江

こんにちは!北海学園大学マチブラ部2年の本間です。先日、札幌でも初雪が降りましたね。気温差が大きいためか私も風邪をひいてしまいました(苦笑)。皆さん体調には十分気をつけてくださいね!
今回は、私の故郷「奈井江町」をマチブラしてきたので紹介したいと思います。

ちなみに「奈井江」はどこにあるかご存知ですか?空知の中間にある自然豊かな町です。国道12号線が走っていて、とてもアクセスが良いところなんですよ。

さて、私が最初に訪れたのは、2年ほど前にできた「みなくる」です。
ここのコンセプトは「子供からお年寄りまで気軽に立ち寄ることができる交流の拠点」。
私が行った日は祝日だったこともあって、かなりにぎわっていました。中にはカフェもあって、ちょっとした休憩をするのにはぴったりな場所です。
これは、奈井江駅です。私が高校に通うのに使っていた駅で、その時は駅員さんがいたのですが、去年の5月から業務委託され、駅員さんがいなくなってしまいました。とても寂しく感じました。
ここは「にわ山森林自然公園」といって奈井江の街を一望できるスポットです。山頂の展望台まではかなり急な坂もあるので車で行くことをお勧めします。展望台までの道は、春は桜、秋は紅葉を楽しめるのでぜひ訪れてほしい場所です。
ここからは、私の通っていた母校について紹介したいと思います。これは「奈井江小学校」です。以前奈井江には「江南小学校」と「奈井江小学校」の二つの小学校があったのですが、児童数が減少した影響で二つの小学校を平成25年に閉校し、新しく「奈井江小学校」として誕生したのが今の校舎です。校舎の色が水色でとても目立って見えました。
ここは、「奈井江神社」です。周りが自然に囲まれていて、近くにも公園があり、お参りするのにはとてもいい場所です。
実は、奈井江には道の駅があるんです。道の駅「ハウスヤルビ奈井江」といって、ハウスヤルビというのは奈井江町とフィンランド・ハウスヤルビ町が友好都市であることが由来です。建物内では、奈井江産のお米を使ったおにぎりやソフトクリーム、地元の野菜などを販売しています。
ちょっと気になったので写真を撮ってしまいました。ハウスヤルビ奈井江のイメージキャラクターのヤルビ―くんです。顔出しパネルの微妙な位置に私は笑ってしまいました。
道の駅の隣にあるこの建物はnaie milk factory。濃厚なソフトクリームで、1回食べると忘れられないほどおいしいソフトクリームですよ!
最後は、奈井江らしい一枚の写真を紹介したいと思います。これは水田ですが時期が少しずれてしまったので、稲刈りをしている様子を載せられなくてとても残念です。ですが、自然豊かな場所だということはわかってもらえたでしょうか。

札幌にはたくさんの魅力があると思いますが、地元を離れてみるとわかる、地元の良さというものを改めて感じることができたマチブラになりました。やっぱり、田舎は最高ですね!!

●私たちが取材しました!

北海学園大学マチブラ部
文・写真:本間 隆斗さん