2018/10/22[mon] update

FMノースウェーブ DJ ハイジさん

新しい世界の扉を、
バイトが開くこともあると思います。

FMノースウェーブ DJ ハイジさん
FMノースウェーブの人気番組「GOGO RADIO(ゴゴラジ)」で、DJヤマタさんと共に漫才のような楽しいトークを届けてくれるハイジさん。彼女のアルバイト経験とは…。

社会の厳しさを知った、家電量販店のバイト

平日の午後、「GOGO RADIO」からは、いつもパワフルで明るい声が聞こえてくる。ハイジさんの印象は、軽快なトークから想像する通り、ハツラツそのもの。番組の収録が終わったばかりだというのに、インタビューにも飛び切りの笑顔で応じてくれた。まずは「小さなころは、しゃべるシゴトにまったく興味がなかったんです」と意外な一言から切り出し、こう続ける。
「小学校1年生の時、両親からCDコンポをプレゼントしてもらいました。ただ、肝心のディスクを持っていなくて(笑)。それで、親せきのお兄ちゃんからCDをドサッと借りたんです。その中にGLAYの作品が入っていて、“バンドってカッケー”と音楽に興味を持つようになりました」
以来、お小遣いを貯めてはCDを買い、好きなジャンルの幅も広がっていった。地元は伊達市ながら、札幌市で開かれるライブにも足繁く通ったそう。ところで、音楽のプレイヤー側に立ちたいとは思ったことがなかったのだろうか。
「中学生のころに女子でバンドを組もうと盛り上がって、一大決心をしてベースまで買ったんです。でも、2カ月くらいでセンスがないことに気付き…(苦笑)。ひと夏の青春で終わりました」
高校3年生の初夏、ハイジさんは部活を引退してから初めてのバイトに挑戦。仲の良い友人は早くからバイトを経験していたそうで、自分でお金を稼ぐ姿にあこがれを抱いていたという。
「バイト先は家電量販店。レジの担当だったけど、都会とは違ってスタッフが少なく、インカムに応援要請が入ると、テレビとか火災報知器とか、いろんなコーナーで接客もしました。家電が好きだったので楽しかった一方、“上司を呼べ”と言われるなど、トラブルの局面に立たされることも。社会に出たらこんなに厳しいことが待っているんだと心構えができました」

専門学校時代は、音楽関係のバイト三昧!

高校卒業後、ハイジさんは音楽関係の仕事に就くために、コンサートやイベントの企画などを学べる札幌の専門学校に進学。ほどなく、スポーツクラブで受付のバイトを始めた。
「最初は何も分からずオドオドするばかりでした(笑)。受付って会員カードを預かってロッカーキーを渡すのが主な仕事なんですが、当然それだけじゃないんです。お客様と何気ない世間話を交わしたり、レッスンのプログラムを伝えたり、ちょっとした会話を通して励みになってもらえることも大切。大人との話し方を学んだ気がします」
一方、音楽業界を目指すからには現場を知る必要があるとライブハウスのバイトも掛け持ち。ドリンクカウンターを担当し、お客様のドリンクを必死に作り続けた。多い時には1日500杯以上を提供していたと振り返る。
「他にも、ステージを組み立てたり、重いピアノを皆で運んだり、力仕事も少なくありませんでした。ライブハウスではプロの照明さんや音響さんからアーティストの魅せ方を学べたし、何よりたくさんのライブを見られたのが役得でした(笑)」
さらに、ハイジさんはキャパシティの小さなライブバーでもバイトを始めた。そのお店は、スタッフで企画を考え、アーティストをブッキングしてライブを作り上げるスタイル。専門学校の学びがそのまま生かせ、実践の場にもなっていた。「それにしても振り返ると音楽漬けな学生生活ですね」とハイジさんはいたずらっぽく笑う。

“オモロイ”の直感から、ラジオDJに挑戦!

ハイジさんは、専門学校時代に外部講師として招かれていたレコード会社の社員から、一緒に働こうと話を持ちかけられ、2年生の秋ごろからプロモーター(アーティストや楽曲の販売促進担当)として働き、卒業後はそのまま新卒で入社。念願の音楽関係の仕事に就いた。
「メディアの方にアーティストのインタビューをお願いしたり、新譜が届いたら視聴用のCDを届けたり、それこそFMノースウェーブにもプロモーションの仕事で何度も足を運びました」
ところが、3年ほど経ったある日、ハイジさんは忙しい日々の中で、ふと立ち止まって考えた。仕事の手応えも大きく、毎日を楽しく過ごしている。が、胸中ではまだまだいろんなことにチャレンジしてみたいという気持ちがふくらんでいることに気が付いた。当時の年齢は23歳。
「先のことは何も決まっていないのに、なぜか会社を辞めますと宣言しちゃって(笑)。で、ノースウェーブにも退社を知らせたら、1カ月後に編成担当者からこんな話が舞い込んできたんです。ライブ情報番組のリニューアルに伴って新しいDJを探してる。ライブが好きなら全くの素人でも起用するから出てみないかって。しばらく頭を悩ませましたが、自分がラジオでしゃべるのって、周りから見ても“オモロイ”だろうな…という直感でお引き受けしました(笑)」
初回の放送はガチガチに緊張し、今聞くと赤面してしまうほどの出来だったとか。けれど、ラジオを通して情報を伝えること、会社員の経験や大好きな音楽を生かして自分なりに話すこと、そして元気を届けることに喜びを見出し、気付けばもう3年が経った。最後に、アルキタ読者へのメッセージを!
「大変なことも多かったけれど、バイトはそれを上回る楽しさでいっぱいでした。例えば勉強が苦手だとか、運動が不得手だとか、人にはそれぞれ悩みがあると思いますが、得意なことや好きなことをバイトで見つけられるケースもあると思うんです。自分の新しい扉を開くきっかけにしてみてください!」

ハイジさんの思い出バイト

家電量販店
今では武器だと思っていますが、お客様に「お姉ちゃんの声、ハスキーだね」と言われたのが当時はショック(笑)!
ライブハウス
専門学校時代のバイト先。照明や音響などの裏方作業をまとめた「セット図」が読めるようになりました。
スポーツクラブ
子ども向けのスクールも開いていたので、一緒に遊ぶことも。小さい子と接する機会が少なかったので新鮮でした!

プロフィール

ハイジ
伊達市出身。札幌市内の専門学校を卒業後、メジャーレーベルのプロモーターとなりさまざまな経験を積む。その中で自ら発信していきたいという新たな目標ができ、DJの道に。音楽の他にも飲食店巡り・温泉・読書など、多趣味で充実した日々が元気の源になっている。
http://www.fmnorth.co.jp/dj/dj_heidi.asp

インフォメーション

●出演番組オンエア情報
「GOGO RADIO」

月曜〜木曜 12:00〜15:00
平日午後(GOGO)のお楽しみタイム!中継やレポートにもアクティブにお出かけ!テンションが上がる音楽とトークで駆け抜ける3時間半!働くあなたのGOGOを応援します♪