2018/01/15[mon] update

MOSHIMO

いろいろ挑戦することで、
自分自身を知れたりするんじゃないかな。

MOSHIMO
左から、宮原颯さん(B.)岩淵紗貴さん(Vo./G.)、一瀬貴之さん(G.)、本多響平さん(Dr.)
取材協力/Ten to Ten Sapporo Station(札幌市北区北6条西8丁目3-4)
九州出身の4人組、MOSHIMO(モシモ)。
ポップとロックを両輪に、独特な語感のタイトルや歌詞、ボーカル・岩淵紗貴さんの澄んだ歌声で若者を引き付けてやまない注目のバンドだ。

居場所を探して始めた音楽活動とアルバイト

―音楽を始めたきっかけや初めてのバイト経験は?
岩淵(敬称略・以下同) 高校時代、学校にあまりなじめなくて。居場所を探して、中学までの同級生で高校になじめない組が集まって始めたのが「CHEESE CAKE」(MOSHIMOの前身バンド)だったんです。初めてのバイトは高2の時。バンドを始めてエフェクターが欲しくて。家の近くのラーメン屋さんで働きました。たまたま募集をしてたのと、ラーメンが大好きだったのと。
一瀬 めちゃくちゃ食べてたよね、まかないラーメン(笑)。僕は高校時代に学校とは違うことをしたくて、ホテルの結婚式場で配膳のバイトをしたのが最初。時給が高かったのが選んだ理由。
宮原 僕は高1の時、ギターが欲しくてファストフード店で働きました。音楽を始めたきっかけは、好きだった女の子にバンドマンの彼氏がいたので張り合いたくて。彼氏のバンドと一緒のライブの度に、観客席にいる彼女に良いとこを見せてアピールし続けて、2人が別れた瞬間に告白!それで付き合えた思い出が。
本多 青春だなぁ。僕は19歳の時。たまたま友達と「日雇いの仕事ってどんな感じなんだろうね」っていう話になって行ってみました。最初の仕事は服のタグ付けだったかな。どこどこの事務所に何時に行け、みたいな指示が来るんだけど、行くと自分と同じような人が何人もいて、どこの群れに入れば良いのか、迷いました(笑)。

―ほかにはどんな思い出が?
一瀬 結婚式場でのバイトは毎回感動を見られたり、人それぞれに内容が違うのがとても面白かったけれど、人生の一大イベントだから失敗が許されない。なのにいかついおじさんのタキシードにワインをこぼしてしまったことがあって…。真っ青になったけれど、おじさんは「ワインのシャワーだな。めでたいぞ」って笑って許してくれて。救われました。
岩淵 ラーメン屋さんは、初バイトだって伝えてあったから、分からないことは分からないって素直に言えたし、親切にしてもらえました。あ、餃子作りが大変でした。多い日だと4、500個もあるんですから!おかげで今も料理は大得意です。
宮原 毎朝社訓を大声で読むのがつらかったなぁ。ファストフード店だし、とにかくお客さんを待たせないようにと頑張りました。アルバイトを通じて、スピーディーな動作が身に付いたかな。

人との出会いに筋トレ、カルチャーショックまで

―印象に残っているバイトは?
岩淵 颯くんのお母さんのピアノ・バーでのバイトかな。いろんなバンドが出演していたから、フォークやビートルズ、ジャンルレスな昔の音楽をたくさん聴けたのが良かったです。人生経験豊富なお客さんたちから話を聞けたのも、20歳そこそこだった私には勉強になりました。
宮原 ソーラーパネルの取り付けや土木系と力仕事が多かったけど、筋肉の使い方を覚えられたのが良かった。最初は「こんな重い物が持てるわけない」って思うんだけど、先輩に「腕でなく腰で持つんだ」って教えられて持てるように。今も機材を運ぶのにすごく役立ってます。あれに比べたら楽器なんてすごく軽い、こんなの俺持ってくよ、みたいな。
本多 助かってるよねー。熊本から上京して、東京のカラオケボックスで働いた時に、初めての大都会にカルチャーショック。ガラの悪いおじさんに液晶を割られたり…。夜中に終電を逃した人がどっと入ってきて、深夜でも人が絶えないんだなぁって驚きました。4フロアを2人で回すこともあって、ずっと忙しくて、飽きなかったなぁ。
一瀬 ピザ屋のバイトかな。僕、ピザをクルクル回して伸ばせるんですよ(笑)。でも、この店はまかないもピザかパスタで、常に小麦粉に触るか食うかの環境にいたら、ちょっともう…(笑)。「パンのコンクールで優勝した人だって小麦粉アレルギーだったんだぞ」とよく分からない説得をされましたが、惜しまれつつ引退しました。

不安がらずにもっと多く体験しておけば良かった!

―バイト選びの基準って? やりたいことと両立するコツも教えて。
一瀬 情報誌やネットを見て、エリアと日数が合うものを選ぶかな。
岩淵 バンドメンバーと同じ職場はあえて避けてました。ライブの日など、同時に休むことになって迷惑をかけてしまうから。時間帯は同じ、でも職場はずらしてました。
一瀬 そうそう。事情を先に説明すると理解してもらいやすいよね。あと、バイト外でしていることをマメに報告するのは大事だと思う。
宮原  何事もウソをつかず、報告するのが大切だよね。それから時給が高いとそれだけの大変さはあるからその兼ね合いも考えどころ。
岩淵 「経験」という意味では個人店とチェーン店、両方でバイト経験を持つと良いかも!世の中の流れやルール、仕組みの違いみたいなものを感じられて。
宮原 いろいろやってみるのが良いよね。始める時は「怖い人がいたらどうしよう」なんて不安で迷うけど、今にして思えばもっと、全部やっておけば良かったよ。

―バイトの良さって何?
一瀬 向き不向きを見極められることかな。自分は料理なんて好きじゃないと思っていたけれど、焼き鳥屋さんで働いて料理の楽しさに目覚めたことがあったから。いろいろ挑戦することで、自分自身を知れたりもするんじゃないかな。
本多 バイトほどさまざまな世代の人とかかわれる場ってないよね。自分とは違う世代、立場、考え方の人と接してコミュニケーションを取って、社会に出ても役に立つことばかりで。何よりの勉強になると思います!

★MOSHIMOの思い出バイト★

ピアノ・バー/岩淵紗貴さん
一流ミュージシャンの来店も多く、生演奏を聴いて刺激を受けたり、お話を通じて視野を広められたと思います。
結婚式場/一瀬貴之さん
お客さんにワインをかけるという失敗をしてしまった時「給料取り上げるぞ」と叱られた!結局ちゃんともらえましたが。
ファストフード店/宮原颯さん
バイト先で好きな子ができて。「一緒に帰ろうよ」と誘うまでのドキドキ感…。とても懐かしく思い出します。
カラオケ店/本多響平さん
普段自分で聴くのは洋楽中心だったけど、BGMによくJ-POPが流れ「こんなアプローチもあるんだ」と勉強になりました。

<プロフィール>
MOSHIMO

前身となるバンド「CHEESE CAKE」のアイデンティティを引継ぎ、岩淵紗貴(Vo./G.)、一瀬貴之(G.)に、宮原颯(B.)、本多響平(Dr.)を迎えて2015年に始動。岩淵紗貴の感情の琴線に触れる歌声を武器に「イマ」の音楽シーンに発信する。岩淵、一瀬、宮原は福岡県、本多は熊本県出身。
公式サイト

<インフォメーション>

●最新リリース情報
「支配するのは君と恋の味」
■初回盤(CD+LIVE DVD)LASCD-0083 2,160円(税込)
■通常盤(CD)LASCD-0084 1,296円(税込)
両A面配信シングル「ミルクティー/白」
iTunesにて試聴・販売中!
■450円(税込)

サイン入りチェキプレゼント

MOSHIMO直筆サイン入りチェキを2名様にプレゼントします。

プレゼントの応募は締切ました