2017/04/10[mon] update

北海学園大学 マチブラ部コラムその九、関西篇第五弾〜定番スポットだけどやっぱり間違いない!京都〜

こんにちは!!マチブラ部部長の大西です。今回はいよいよ「関西篇」のラストになります!約1カ月かけて個性豊かなマチブラ部員のさまざまな視点から見た京都・大阪を紹介してきました。気付けば学科の研修から帰ってきて1カ月以上も経ちました…。早いものです。
今回私が紹介するのは、第一弾、第四弾でも紹介されていた京都です!

自由行動の3日間のうち、私と「マチブラメンバーと愉快な仲間たち」の「愉快な仲間たち」のほうの2人で、2日間を使って京都の観光地のかなりオーソドックスな場所に行きました(笑)!
その中の1日については第一弾でも紹介させて頂いたので、かぶるところは今回は省略させていただきます…!

オーソドックスな観光地と言えど、その数はとても多いのが京都の特徴だと思います。2日間じゃとても足りません(;’∀’)

まず1日目の最初は、かの有名な陰陽師・安倍晴明を祀る晴明神社です!!
フィギュアスケートの羽生結弦選手がフリーの演技で映画「陰陽師」の曲を使用したことでこの神社に足を運ぶ人が増えたそうです。陰陽師は今では占い師的な存在の職業になっていますが、平安時代には天文学や風水と関係がある方位学を使って暦や今後の情勢を占っていました。それもかなり上位層の役職でした。安倍晴明は天皇の隣で仕事をしていた時期もあるすごい人だったのです。陰陽師=妖怪退治というのは説話でしかありません(笑)。

境内には晴明の伝説が書いてあるパネルがたくさんありました!
続いてはアーケード街で有名な錦市場に行きました!ちょうど昼時ということもあって道が狭いアーケード街は観光客でひしめきあっていてなかなか前に進めませんでした…。
錦市場ではかまぼこ屋さんが多く、種類も豊富!購入すると温めてくれるのですが、熱すぎました(笑)。いろんなものを食べたのですが、人が多すぎて写真を撮ることができませんでした(泣)。

その後、京都駅に行き、ここではお土産を買いました。

次に徒歩で京都国立博物館に行きました!
近代的な建物とレンガ造りの建物がありましたが、レンガ造りのほうは準備中のため入ることができませんでした。いつか必ずリベンジしたいです!!
この博物館は展示物の写真撮影が禁止で、飲食物の持ち込み、鉛筆以外の筆記用具の持ち込みが禁止。それほど貴重な展示物があるということなんでしょう…!
展示の内容は、日本と中国の絵巻や陶磁器、銅鐸などの出土物が主でした。期間限定の展示として、ひな人形展を開催していて、ひな人形の意味と形の歴史を知ることができました!
この日の最後は祇園に行きました!すっかり夕方になり、祇園のすぐ近くにある八坂神社は幻想的でした!
そして祇園の「茶房京煎堂」さんで抹茶のパフェ!やっぱり、京都の抹茶は濃さが違うな〜と思いました!
2日目の最初は私が絶対に行きたかった東映太秦映画村に行きました!
ここは村内が江戸の街並みになっていて、実際に時代劇の撮影が行われているところです。今では時代劇自体少なくなってしまったので、撮影現場に出合うことはなかなかレアです。
映画村では日本刀を美男子キャラクターに擬人化したゲーム「刀剣乱舞」のアニメとコラボしていました。アニメのシーンやキャラクターの等身大のパネルがあり、女子がたくさんいました。村内の食事処でもアニメとコラボしたメニューがあり、それを頼むとオリジナルグッズがもらえました!
東映の俳優さんによるイベントショーも行われており、迫力がありました。
これは「ちゃんばら辻指南」というイベントで、お客さんも参加することができます!実際に撮影で使われている刀で浪人役の人と軽い殺陣をします。浪人は勝手にやられてくれます(笑)。私は高校の見学旅行で参加したことがあります!
続いては嵐山方面に行きました!まず竹林へ行ったのですが、時間が無くて半分で引き返しました(苦笑)。
そして最後に渡月橋を往復しました!ここは欧米からの観光客が多かったです。

高校の時はこんなにいろんなところを回れなかったので、とても充実した研修になりました!「マチブラメンバーと愉快な仲間たち」の仲も深められ、楽しい6日間でした♪
今度はぜひ京都には夏に行って祇園祭を見たり、鴨川にせり出す飲食店に行ってみたいです!

●私たちが取材しました!

北海学園大学マチブラ部
部長 大西 雪乃さん